わかりやすい図解説明!短時間で伝わる5つの図解作成方法

わかりやすい図解とは?図解作りの基本

先日、メルマガ読者からこんな質問をいただきました。『図解の作り方を教えてください!』さすがに電話では伝えられないので、直接お会いして2時間ほど図解作りの基本をお伝えしました。

何を伝えるための図解か?

まずは結論を決めるところから。状況だけをだらだら説明しても、相手には伝わりません。

売上が上げるためには客数客単価来店回数の数字を増やす必要がある。

その場合、上の図のように「売上アップ」が結論。それに必要な3つの要点を図にして説明することで、あれこれ長い説明なしに相手に伝えることができます。

グラフ・比較・数字で伝える

現状・目標・成果など、時間経過による変化などはグラフを活用することで直感的に伝えることができます。色を加えるとさらにわかりやすくなります。

 

共通認識と役割分担を図解で表現

誰が、何のために、いつまでに、何をやるのか?役割分担の意味が伝わらなければチームでの仕事はなかなか前に進みません。

自分の仕事が重要な歯車の1つであることを確認するためには、共通ゴールと役割がわかる図解が効果的です。

 

全体の流れをフローで説明する

全体の流れを説明する場合、フロー図解が効果的です。仕事がストップしているポイントもわかりやすく伝えることができます。

良い部分、悪い部分を分けることで、より全体の流れがわかりやすく伝えることができます。

 

ステップアップ図解と時間経過

大きな目標を達成するときに効果的なステップアップ図解です。どんな目標も小さなことの積み重ねで実現するもの。

モチベーションを下げないためにも、段階段階の評価は必要です。年間目標計画を作るときなど3ヶ月単位の目安があると、今の立ち位置が見えるので迷うことなく行動することができます。

 

以上、短時間で伝わる5つの図解作成方法でした。ぜひお仕事に活用してみてください。

無料メール講座で図解を使ったビジネスモデルの作り方をお伝えしています。全78ページ見応えのある資料もプレゼントしていますので、興味のある方はぜひ登録してみてくださいね!

 

【無料メール講座】全78ページPDF図解ビジネスモデルの作り方

12月12日(水)図解ビジネスモデル勉強会-見込み客を集める仕組み作り-

The following two tabs change content below.
図解城岡

図解城岡

個人事業主や中小企業経営者を対象にビジネスモデル作りのアドバイスを行ってます。日々の仕事の中で、この図解わかりやすいよね!と言われることが多いので、図解サイトを作ってみました。何か一つでもヒントが見つかってくれると嬉しいです。

【無料】直感型ワークで事業の新たな価値に気づく! ビジネスの土台を再構築するメール講座

メール講座と全78ページのPDF資料とメール講座で継続的に稼げる仕組みの作り方をお伝えしています。『儲けの仕組み」を体系的に理解し、『図解ビジネスモデル』を完成させる講座です。次のステージに進みたいけどどうすれば良いかわからない方や、継続的に利益を増やし続ける仕組みを作りたい方にオススメの無料通信講座です。